Archive for 2月, 2010

2月 11, 2010 0

【公演中止のお知らせ】2010/02/11【Cacciatora Spinoff Live! CINEMA dub MONKS & guest】

By

【公演中止のお知らせ】 先日お知らせしましたこのイベントは、曽我の体調不良のため、やむを得ず中止となりました。誠に申し訳ございません。 なお、13日かねよ食堂でのイベントには予定通り出演いたします。 Cacciatora Spinoff Live! CINEMA dub MONKS & guest 日程:2010年2月11日(木/祝) 会場:Cacciatora [東京・恵比寿] 時間:open 18:00 start 19:00 close 23:00 about(※ about 2stage) 料金:¥1,500 ご予約・お問い合わせ: Cacciatora tel.03-3715-8218 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 B1F Check

Tags:

2月 10, 2010 0

神奈川逗子の小さな映画館【cinema amigo】での四日間。

By

神奈川逗子の小さな映画館【cinema amigo】での詳細です! 初日はMONKSで濃いのを。 二日目は、演奏時の「手首」姿、「手首」の具合に、もちろん「音」にも、ガンジーさんと二人して惚れ込んだギターリスト渥美幸裕さんを交え。 三日目は、昨年オオヤユウスケくんと<ある映像をみながら演奏していく>という演奏を “Natural High” という野外フェスでした時の、映像作者saiさんと。 好きな映像だったので、いつか一緒になにかできればな〜と思っていたのが、今回に。。 四日目のゲストは、、、、、後日に発表します。 Check

Tags:

2月 10, 2010 0

[shop] Garb Domingo

By

CINEMA dub MONKSの作品は、もちろんamazonやiTunesや大手レコード店でも購入ができますが、小さな<物語>でつながった、あちこちの町の所縁あるお店でも取り扱ってもらっています。 もし気が向けばですが、そんなお店へとわざわざ足を運んで手に取って頂くというのも、面倒なようで実はとても素敵なことでお薦めかもしれません。 今日は、那覇市壺屋に昨年10月にオープンしたばかり、<旅のかけら><琉球モダン>というコンセプトでセレクトされるインテリア&スーベニアショップ『Garb Domingo(ガーブ・ドミンゴ)』を紹介いたします。 Check

Tags:

2月 9, 2010 0

[interview] CINEMA dub MONKS と「永遠と一日」〜物語をめぐる旅〜 [4]

By

<< CINEMA dub MONKS と「永遠と一日」〜物語をめぐる旅〜 [3] からの続き 【旅、あるいは異なる都市を移動すること】 曽我大穂とガンジー西垣、性格の全く違う二人に共通していることは、小さい頃、さまざまな町に移り住んだということ。そんなホームタウンのない二人が沖縄で出会って奇跡のように生まれた CINEMA dub MONKS の音には、どこか特定の国や場所というよりも、旅や移動を感じさせる匂いが立ち昇る。それは、バルセロナやリスボン、ベルリンなど、ヨーロッパの都市で暮らして、ライブをしてきた彼らの実績だけが理由ではなさそうだ。 大穂 –「 “旅” のことに関して。これは、唯一押しつけがましくある自分の物語の核なんですけど、気持ちがいっぱいいっぱいになったり、違うなと思ったら、町や国、家族を捨ててもいいんだよと自分は思ってるんです。みんな町にとどまって何とかしようと思っているから、たいへんになっちゃう。小さい頃、引っ越しばかりしていて感じたのは、町が変わればルールが変わって、人間の距離感も変わる。すると、自分はなにも変わってないのに、いっぱいっぱい感が取れていることもある。一度きりの人生だから、 ふとみんな失踪しちゃってもいいんじゃないかなぁって思いつつ、失踪できないとしたら、せめて自分たちの音楽を聴いて、失踪してどっか埃っぽい町に移り住んだ疑似体験を味わってほしいという願望があるんです」 ガンジー –「それは、すごくロードムービーっぽくもある」 大穂 –「自分を変えようという努力もありだけど、町をでちゃうのも手かもしれない。自分はそのままなのに、環境が変わればポンと自分も変わっちゃう。自分たちの音楽を聴いたとき、そういうことを考えている人のステップになるような音楽にはしたいといつも思っています」 そうした変化は、なにも旅や移動だけではなく、日常からのちょっとした逸脱を手助けするものでもある。『永遠と一日』の構想をいちばん最初に大穂が抱いたのは、“ポンと背中を押してあげるようなアルバム” だったという。 大穂 –「普段は書かない自分の両親や友達に手紙を書いていて、ふと筆が止まったとき、かけられるような音楽にしたかった。伝えたい言葉を探しているとき、ガンジーさんのベースの音がしみこんできて、手紙のヒントになるような。もしくは、夕食を作っていて、あともう一品何にしようというときに隣の部屋から聞こえてくると、料理のヒントになるものとかね。もう、だいぶ両親と会ってないから、明日仕事は休んでふと会いに行ってみようかというような気持ちを、ちょっと後押しして上げられるようなアルバムであり、せめて聴いている間だけは、そうしたことをした気分になれるのが理想です」 >> CINEMA dub MONKS と「永遠と一日」〜物語をめぐる旅〜 [5] へ続く インタビュー/文 : 岡田 KAYA 真由美 Check

Tags: , ,

2月 1, 2010 0

[vimeo] CINEMA dub MONKS / 永遠と一日の周辺

By

CINEMA dub MONKS “Out Stories of Eternity and a Day” from Monogatari on Vimeo. 特別製作のショートフィルム。 アルバム「永遠と一日」の、とあるひとつの物語。 Check

Tags: , ,

2月 1, 2010 0

2010/05/01-02【ARABAKI ROCK FEST.10】 出演決定

By

みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく(宮城県)で開催される<ARABAKI ROCK FEST.10>へ参加いたします。 Check

Tags: ,

2月 1, 2010 0

2010/03/27【沖縄国際アジア音楽祭 musix 2010】出演決定

By

沖縄各地で開催される<沖縄国際アジア音楽祭 musix 2010>に参加いたします。 CINEMA dub MONKSは3月27日(土)おなじみ桜坂劇場 [ホールB] にて出演。 Check

Tags: ,